日田彦山線は北部九州の「あったか」で「スロー」なローカル線です

先月運行した秋の収穫列車「みのり号」の様子をお伝えします!

平成24年11月23日(祝)に秋の収穫列車「みのり号」を運行しました。
80名のお客様が歓遊舎ひこさん駅までの旅を楽しまれました。
満席御礼にて、ご参加ありがとうございました!
遅くなりましたが、その「みのり号」運行の様子をお伝えします。

 
「みのり号」小倉駅が小倉駅に到着。前後2種類のヘッドマークを装着しています。

 
特注のプレート、車内には秋の装いを演出しました。

 
最初の停車駅「石原町駅」で写真撮影会と抽選会を行いました。
賞品は地元特産品やJRグッズ、図書券などで空クジなしの抽選会はとても盛り上がりました!

 
香春町PR隊の“たくあんマン”と“ラッキョウ娘”が乗り込み、次の採銅所駅でのイベント内容を説明しました。

 
 
 
2番目の停車駅「採銅所駅」に到着。香春町の特産品、新鮮野菜、ぜんざい等の販売でとても賑わいました!

 
3番目の停車駅「田川後藤寺駅」では、田川市ふるさと炭坑節キャラバン隊がこの日限定の“後藤寺弁当”を販売し、数分で完売しました。

  
 
4番目の停車駅「池尻駅」では、川崎町の“小梅ちゃん”が皆さんを出迎え、川崎町の特産品の販売を行いました。ホームはお客さんの熱気でムンムン♪

 
最終目的地の「歓遊舎ひこさん駅」に到着!
秋の行楽シーズンで”道の駅歓遊舎ひこさん”はとても込み合っていました。

 
新鮮な朝採れ野菜をたくさん購入していただき、手荷物いっぱいで帰路につきました。

事故やトラブルもなく、無事に予定通りの旅程を終了することができ、また参加された皆様もとても楽しんでいただいている様子を見ることができ、関係者・運行スタッフ一同喜んでいます。

今回は日田彦山線の利用促進と沿線地域のにぎわいづくりを目的に試験的イベントを企画し、収穫列車「みのり号」を運行しました。
普段はひっそりとしている日田彦山線の無人駅も、80名が到着するととても賑わっていました。
停車駅でのおもてなしイベントでは、各駅スタッフと地元の協力団体のおかげで大変盛り上がり、特産品をたくさん購入していただき、ありがとうございました。
来年もぜひ運行に向けて計画していきたいと思っています。
まだまだ未完成の「みのり号」ですので、もっと「こんな企画で走ったら楽しい!」といったご提案などがありましたら、ぜひご意見をお寄せください。
そして、運行が決定しましたら、ぜひご参加ください!!

2012年12月20日 未分類