日田彦山線は北部九州の「あったか」で「スロー」なローカル線です

秋の収穫列車「みのり号」が特別運行されました。

平成26年11月22日(土)に秋の収穫列車「みのり号」を運行しました。
昨年までは歓遊舎ひこさん駅までの運行でしたが、今年はちょっと足を延ばして、大分県の日田駅まで運行しました。
今回もたくさんの方々にご参加いただき、ありがとうございました。
停車駅での地元の皆さんによる「おもてなし」イベントや「みのり号」に乗車された方々の様子をお伝えします。

【小倉駅での様子】

 
  ●受付の様子(JAM広場)     ●みのり号の到着を待つ参加者

 
  ●みのり号小倉駅に到着!     ●車内は秋を感じさせる装飾

【石原町駅での様子】

 
  ●空クジなしの抽選会では各市町村の特産品が当たることから大盛況!!
  ●駅長さんの制服を借りての記念撮影。
  
【採銅所駅での様子】

 
  ●香春町キャラクター 干し柿の精「カッキーくん」もお出迎え。

 
  ●香春町の特産品や新鮮野菜、ぜんざい等の販売で賑わいました。

【田川伊田駅での様子】

 
  ●田川市キャラクター もぐらの男の子「たがたん」が炭坑節を披露。
  ●田川名物のお弁当やから揚げも大盛況。

【池尻駅での様子】

 
  ●川崎町出身の民謡歌手がモデルのキャラクター「小梅ちゃん」も大人気!
  ●野菜スープやだご汁で心も体も温まりました。

【歓遊舎ひこさん駅】

 
  ●添田町キャラクター 土鈴がモチーフの「ひこちゃん・ゆずちゃん」もお出迎え。
  ●りんごジャムの試食・販売も行われました。

 
  ●歓遊舎ひこさんで特産品や新鮮野菜をお買い物。

【日田駅】

 
  ●日田までの秋の景色を満喫       ●日田駅に到着!

 
  ●日田駅では東峰村と日田市の特産品を販売しました。

 
  ●日田市キャラクター 咸宜園創始者≪廣瀬淡窓先生≫がモチーフの
  「たんそうさん」と記念撮影。
  
今回で3回目となる「みのり号」の運行でしたが、日田駅まで距離を延ばしたところ前回よりも多くの方にご参加いただきました。
当日は天候にも恵まれ、事故・トラブル等なく無事に旅程を終了することができました。
停車駅では、各駅スタッフと地元の皆様による様々なイベントやゆるきゃらの登場で、大いに盛り上がりました。
参加者の皆様には、地元の特産品等をたくさんご購入していただきありがとうございました。
参加者の皆様の楽しそうな様子を見て、関係者・運行スタッフ一同大変喜んでおります。
今後も皆様に愛される「日田彦山線」を目指して様々なイベントを企画していきたいと考えております。
ご意見・ご提案等ございましたら、ぜひご連絡ください。

日田彦山線活性化推進沿線自治体連絡会事務局
(北九州市政策調整課内)
TEL 093-582-2156
FAX 093-582-2176

2014年12月03日 未分類