日田彦山線は北部九州の「あったか」で「スロー」なローカル線です

文字サイズ
標準
特大

【日田市のイベント】第40回日田天領まつり 第15回千年あかり

★第40回日田天領まつり

幕府直轄地の天領

江戸時代、日田は幕府直轄の天領として栄え、九州を統括する「西国筋郡代」が置かれた山間の都でした。日田天領まつりは、国選定重要伝統的建造物群保存地区であり、江戸時代の風情と現代の営みが調和する豆田地区を中心に開催されます。

楽しいイベントと美味しい日田の食が満載!

西国筋郡代の着任風景を再現した「西国筋郡代着任行列」や当時の衣装に着替えての町歩き体験のほか、町のいたるところで催される楽しいイベントと美味しい日田の食が満載!!秋のひととき、「日田天領まつり」で当時の歴史・文化に浸ってみませんか。

とき・ところ

令和元年11月9日(土曜日)・10日(日曜日)豆田地区、月隈公園周辺 ※毎年、11月の第2土・日曜日に開催。

<西国筋郡代着任行列>

・とき 11月9日(土曜日)午後1時~4時

<天領日田にぎわい広場>

日田梨や鮎、ジビエ、干しシイタケ、産直野菜等、天領日田の特産物が集結!移住相談ブースも出展し、日田の魅力を紹介します。

・とき・ところ 11月9日(土曜日)・10日(日曜日)午前10時~午後4時 豆田まちづくり歴史交流館広場

★第15回千年あかり

約3万本の竹灯籠

豆田の人たちを中心に真心を込めて作られた約3万本の竹灯籠が、「伝統的建造物群保存地区」にも指定されている豆田町の古い町並みと、「水郷ひた」のシンボルの一つでもある花月川をやさしく照らし、見る人を幽玄の世界へと誘います。

「大分三大竹灯り」の一つ

この幻想的な風景は、今では臼杵市の「うすき竹宵」、竹田市の「たけた竹灯籠 竹楽」と並び、「大分三大竹灯り」として大分県の秋の風物詩となっています。

・とき・ところ 11月8日(金曜日)・9日(土曜日)・10日(日曜日)午後4時30分~9時頃 豆田町周辺、花月川河川敷

※詳細は日田市ホームページをご覧ください。

第40回日田天領まつり及び第15回千年あかりのページ

 

 

 

2019年11月1日


  • 前のページへ戻る
  • HOMEへ戻る