日田彦山線は北部九州の「あったか」で「スロー」なローカル線です

日田彦山線とは

JR九州の日田彦山線は、福岡県北九州市小倉南区の「城野駅」から大分県日田市の「夜明駅」を結ぶ、68.7kmの単線・非電化のローカル鉄道です。「城野駅」からJR日豊本線をとおり北九州市小倉北区の「小倉駅」に、「夜明駅」からはJR久大本線をとおり大分県の「日田駅」へと結びます。

かつては、炭鉱地帯の地域の「足」として、また石炭や石灰石の貨物輸送の手段として利用されていました。現在、分類上は地方交通線となっていますが、列車の多くが小倉駅、あるいは日田駅へ直通し、北九州都市圏において通勤・通学の「足」として利用されるとともに、筑豊地域や日田といった沿線主要都市間を連絡する基幹的な鉄道路線となっています。

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得