日田彦山線は北部九州の「あったか」で「スロー」なローカル線です

採銅所駅舎内に移住・交流の拠点「第二待合室」がオープンしました!

大正4年開業当時の姿を今に伝える採銅所駅舎。地元住民のみなさんをはじめ、鉄道ファンにもこよなく愛されている駅です。

平成27年11月には、地元の方々が開業100周年記念式典を開催し、多くの人でにぎわいました。

香春町では、これまで未活用だった旧駅長室部分を改装し、町への移住を促進するための施設を整備しました。その名も「第二待合室」。この場所では3人の地域おこし協力隊が常駐して移住相談にあたるほか、地域資源を活かした交流イベントを開催していきます。

お出かけのついでに、ちょっと途中下車して協力隊に会いに来ませんか?次の列車を待つ間に、大正ロマンと現代文化が融合した素敵な空間で、協力隊との会話をお楽しみください。(※言語は、大阪弁・広島弁・英語・スペイン語の中からお選びいただけます。)

→協力隊の活動の様子はフェイスブックをご覧ください。

→香春町移住促進ホームページ「カワラカケル」はこちらから。

採銅所駅舎内第二待合室
■開館時間 9時~17時
■休館日 毎週水・木曜日及び年末年始(12月29日~1月3日)
■電話 0947-32-3115

2017年06月09日 未分類